前頭側頭型認知症

思考や感情を司る「前頭葉」と、言語・聴覚・味覚などを司る「側頭葉」が萎縮し、血液の流れが滞ることで発症する。認知症のなかで唯一、難病指定されている。
初期段階では人格の変化や行動異常が目立つため、精神疾患と間違われることもある。

© 富士フイルムメディカル株式会社