特異度/Specificity

参照基準/正解が陰性であった場合の診断結果が陰性(真陰性)である割合。

© 富士フイルムメディカル株式会社